<2020/6/30> 

  半月の呼び掛け座り込みで、多くのホームレスの存在に気づき、支援の話をしている途中の方もいます。今日で座り込みは、体力が持たないのでお仕舞ですが、7月からは夜回りを再開します。知り合った方全てをセンターに来てもらえるほどの力は私に無いかもしれませんが、出来る限り支援に繋げていきたいです。

 また、ホームレスの存在に心を痛めている市民の方との出会いもありました。この方たちの善意とも、つながっていかなければならないと思います。
 毎週火曜日の午後9時、JR高松駅前から開始です。
 体力の無い私に、夜回り行動の援助を、皆さんにお願いしたいです。

<2020/6/19> 

 自分の姿をホームページにアップするのは、照れますね。
私の姉から、「ニュースを見たよ、爺さんなってしまったな」と言われました。

<2020/6/14> 

  

駅前での、ホームレスの方への特別給付金の呼びかけをするのに、10日で2,300円が必要でした。
なんでだ。どうしてだ。というのが最初の感想です。2,300円は誰の儲けなんだと、次に思いました。
もしかしたら、1日だけの申請でも2,300円かも知れないですね。
年間どれだけ儲けてているのだろうかにも、興味があります。(調べる暇が無いけど)

ボランティアでホームレスの方への呼びかけですから、「元を取る」方法が無いので、困ったもんです。
駅前には、16日火曜日の午後6時から立てります。目印は立て看板と幟です。勿論、谷本が居ます。

 

<2020/6/7> 
 老体にムチ打っての夜回り再開ではなく、別な方法でアピールをして行かなくては。
 「特別低額給付金」の申請書が届かない人がいる事を、既に受け取った方も、申請書を出してまだかまだかと待っている方も、心の隅に留め置いてください。
 当然、、居住地に住民票が無い、そしてホームレスだという方は、給付金だけでなく、アベノマスクも受け取れません。

 

 画像に含まれている可能性があるもの:テキスト

<2020/5/27> 

 

 給付金の手続きが、高松でも始まりました。
 簡単な申込書ですが、当事者の方から書き方や添付書類についての相談が来ます。
 (「相談に来てください、マスクありますか」の手紙を出したので。)
 当分はこれで忙しいですが、久しく顔を見ていない方のも会えます。何時も余裕が無くて、問題を起こさずに暮らせている方の顔を見に行くことが出来ていないので、久しぶりに顔を見ると嬉しいですね。私は歳をとっているので、顔形は覚えていても、名前が思い出せないので困ります。 

 

<2020/5/17> 

  アベノマスクがいまだに届かないのですが、これには誰も関心がありません。

 (また、カンパでマスクが各地から届いているので、当事者の方に渡せていますから。)

 問題は、給付金です。生活保護費は毎年の減額で少なくなってしまっていますから、みんな期待大です。早くから、どうなってるのかの問い合わせがあります。市役所からの安藍は、5月の22日の発送だと聞いているから、25日以降に郵便が届いたらそれを見て、と返事をしています。25日以降の「これは、どうしたら?」への対応が、既に私の心配事です。

 法や制度の利用は、誰もが簡単にできるわけではありません。

 精神疾患で対人恐怖がある者は、窓口に並ぶことからが怖いので、役所に行く事が出来ません。

 発達や知能に障碍がある者は、申請文章への対応からが困難です。

 弱者への思いや共感が無ければ、差別が蔓延する世の中になります。

 ところで、「給付金は、収入が減額されないので、カンパします。」と、既にカンパが届いている事に感激しています。